メインイメージ

 

交通事故で脊髄損傷になってしまわれた時、

 

「どうすればきっちり補償してもらえるのか・・・」

「自分や家族の将来はどうなるのだろうか・・・」

「自分が受けた等級認定は正しいのだろうか・・・」

 

の様な事に悩みを持たれているのではないでしょうか?

 

そのような交通事故で脊髄損傷になってしまわれた後が不安な方のために、全国の弁護士43名が集まった全国交通事故弁護団がホームページをつくりました。

 

このHPでは脊髄損傷の基礎知識やリハビリ、介護の情報だけでなく、交通事故案件の実績が豊富な弁護士だから伝えることが出来る、きちんと賠償してもらうためにどうすれば良いかなどの話も説明しております。

 

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島

 

  交通事故による脊髄損傷サポートセンターのおすすめのコンテンツをご紹介致します。 

「脊髄損傷に関するお役立ちコンテンツ」

脊髄損傷とは

脊髄損傷に関する基本的な情報を分かりやすくまとめております。

 

脊髄損傷の介護

交通事故に遭い脊髄損傷で四肢麻痺になってしまった場合、自力で行なえる日常生活動作はほとんどありません。そのため、介護が必要になります。このページでは、脊髄損傷患者に対して行われる具体的な介護について紹介します。

 

「まだ等級認定されていない方へ」

きちんと賠償してもらうためには

交通事故で脊髄損傷になってしまった後、正しい対応を取らなければ、きちんと賠償されないという事は多分にあり得ます。その原因は2つ考えられます。一つは、保険会社の言いなりになってしまった場合、もう一つは等級認定を受けていない、または適切でない場合です。

このページでは、この2つの項目についてお話し、きちんと賠償をしてもらうために何をすれば得であるかをお話いたします。

 

保険会社との接し方のポイント

いくらあなたやあなたのご家族が交通事故の被害者であり、脊髄損傷と言う重大な状態であったとしても、保険会社は、優しく接して来て示談金を安く抑えようとしてきます。そして多くの方が、その保険会社の担当の方が提示してきた適正価格よりも低い示談金で合意してしまうのです。

では、どのように保険会社と接すれば、適正な示談金がもらえるのでしょうか?

 

「すでに等級認定されている方へ」

その等級認定が正しいかどうか?

国や加害者から受け取る事が出来る損害賠償金や保険金は、等級認定によって決まります。

つまり、等級認定は、その後の人生で受け取る事が出来るお金が決まってしまうほど大事なものなのです。

交通事故が原因で脊髄損傷になってしまったあなたや、あなたのご家族の等級が本当に正しいのか、一度見直してみられてはいかがでしょうか。

 

正しい示談をするための心がけ

正しい示談とはどんな示談の事を言うのでしょうか?それは、滞りなくスムースに話が進んだ示談ではありません。私は、被害者の方が最も手厚く保障される示談の事を言うと考えております。

保険会社は、出来るだけお金を払わない様に賠償金を低く抑えようとしてきます。

このページでは、交通事故で脊髄損傷になってしまった方やそのご家族が、保険会社に丸め込まれないようにするために何に気を付ければ良いかをまとめます。

 

無料相談

 

 

【交通事故による脊髄損傷サポートセンターに頂いたご相談を紹介】

 

Q:夫が交通事故で脊髄損傷になり、収入が無くなりました。また、夫の世話で私も仕事を減らさざるを得ず、生活が不安です。

今後、どうやって生活をすればいいのでしょうか。

 

 

 

A:公共の福祉制度を積極的に活用しながら、自動車保険会社と話し合って納得のいく額の損害賠償金を得ることが重要です。

 

脊髄損傷は、脳と末梢神経をつなぐ中枢神経である脊髄に損傷を受ける傷病です。

脊髄は、他の神経と同じく、いったん傷付けると再生しないため、麻痺などの症状は基本的に生涯に渡って続くと考えられます。

 

そのため、交通事故で脊髄損傷になった場合は、脊髄損傷にならなかったら得られたであろう生涯賃金を含めて、ケガをした本人および家族が一生に渡って十分暮らしていける補償が必要になります。

 

■公共の福祉

福祉事務所が発行する身体障害者手帳を所有すると、様々な福祉制度を利用できます。

JR料金や航空運賃の割引や自動車税の減免、有料道路の通行料金割引などを受けられる他、税金の減免、障害基礎年金や特別児童扶養手当、福祉奨学金の支給などを、等級に応じて受けられます。

 

医療の面では、障害者医療証が交付されれば等級によって自己負担分の助成を受けられます。

補装具等の交付や修理の相談に応じる自治体もあります。

重度障害と認定された場合は、介護サービスを受けられます。

 

以上は、脊髄損傷の患者様とご家族に対する国や地方自治体の支援ですが、その多くはクオリティオブライフ、生活の質を上げるためのサポートです。

交通事故だけでなく、様々な原因で脊髄損傷になってしまわれた患者様のサポートになります。

 

しかし、介護のために仕事を減らさざるを得ない、または一家の大黒柱を失ったご家庭においてそれと同じく不可欠なものは、激減した収入を補うお金です。

 

損害賠償金額は、ともすれば、相手側の保険会社の言うなりになってしまいがちです。

しかし、いったん示談に応じた後から「金額が少なすぎた!」と怒っても、一度決まった金額を増やすことはできません。

 

交通事故に遭われ、脊髄損傷になってしまわれた患者様とそのご家族は、私ども弁護士に一度ご相談ください。

 

ご提案を受けた損害賠償金額が、適正なものであるか、あなた様の現状をお聞かせいただき、一体何ができるのかをご提案させて頂きます。

 

無料相談

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島