脊髄損傷の保険金の裁判をしたいのですが、弁護士費用が心配です 岡山県倉敷市 Y・H 様

【質問】

倉敷市内の交差点で信号待ちの停車中に、後ろから追突され脊髄損傷を負いました。

加害者側の保険会社と何度も話し合いをしましたが、脊髄損傷の等級や保険金額の折り合いがつかず、なにより保険会社の態度も誠実さが見えなかったため、裁判を起こそうかと思っています。

 

ですが裁判となると相手側は弁護士をたててくるでしょうし、こちら側も弁護士を雇った方がいいと思いましたが、弁護士費用のことがネックとなり躊躇しています。

脊髄損傷を負ってから勤めていた倉敷の会社は休職して収入がありませんし、妻と子がいて貯金を切り崩して生活している状態なので、正直余裕があまりありません。

 

裁判を起こすとなると、弁護士費用はいくらくらいになるのでしょうか?

 

【回答】

岡山県倉敷市のY・H様、ご質問いただきありがとうございます。

 

当弁護士事務所に寄せられる相談のなかで、費用についての相談が多数あります。

事故に合われた方やご家族は、入院費や生活費で精いっぱいと言う方も多く、そういった経済状況を鑑みて当弁護士事務所では、相談料を無料としております。

また、正式依頼の際に、多くの弁護士事務所が請求する着手金も0円としています。

 

弁護士報酬は、18万円+獲得保険金額の10%~、裁判費用は50万円+実費(裁判所に提出する印紙代・郵便切手代)~になります。

しかし、保険会社から提示された示談金額よりも増額できなかった場合には、弁護士報酬は0円としており、もし増額できたとしても弁護士報酬は保険金が支払われた後にお支払いいただきますので、実質的な負担は少ないです。

 

おおよそですが、示談であれば50万円以上、裁判であれば100万円以上支払われる保険金額が増えれば、「弁護士に頼んだのは良いけれども、費用だけ掛かって保険金が増えなかった。」と言うことはありません。

 

他にも、弁護士に依頼いただくと保険会社との交渉や手続きなども代行して行うため、保険金額の面以外のメリットもありますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島