脊髄損傷の交通事故で依頼した弁護士を変えることができますか? 香川県さぬき市 K・D 様

【質問】

さぬき市内の市道の交差点で信号待ちの停車中に、後ろからトラックに追突されました。

加害者はさぬき市の運送会社のトラックで、買ったばかりの自動車は大破し、私自身も下半身不随の脊髄損傷を負いました。

 

加害者側の運送会社との交渉は、脊髄損傷で日常生活に支障があるため、保険会社と相談して弁護士費用特約を利用して、保険会社から紹介された弁護士に依頼しました。

 

しかし、依頼した弁護士はこちらの意見をあまり聞いてくれず、保険金額も私が考えていたよりも低い金額で算出してきたため、弁護士を変えたいと考えています。

このような場合でも、弁護士を変えることは可能なのでしょうか?

 

【回答】

香川県さぬき市のK・D様、ご質問いただきありがとうございます。

 

交通事故で弁護士に依頼する場合、保険会社から紹介された弁護士にされるケースが多くあります。

特に、弁護士費用特約を使われる場合には、「保険会社が指定した弁護士でないとダメです。」と言われることがありますが、実際は保険契約の内容には「弁護士費用特約を利用するには保険会社の同意が必要」とありますが、弁護士の指定まではされていませんので、ご自分で弁護士を選ぶことができます。

 

保険会社から紹介された弁護士は探す手間がなかったり、交通事故を多く取り扱っているので慣れているといった利点がありますが、保険会社に近い存在と言った側面もあります。

弁護士自身に保険会社との付き合いがあるため、書類の申請などや交渉などはスムーズに進む可能性が高いのですが、今後の保険会社との付き合いを考え、保険会社が損をしないように請求する保険金額を低く算出するところもあります。

 

依頼人からすればもらえる保険金が少なくなるため、とんでもない話なのですが、ほとんどの方が「弁護士が出してくれた金額だから、これが相場なのだろう。」と済ませてしまうのです。

 

香川県さぬき市のK・D様の場合、脊髄損傷の保険金ですので弁護士によっては数百万から数千万の差が生じる可能性もあるため、一度別の弁護士にご相談されてみて、金額や対応に差があるようでしたら、依頼しなおされた方が良いかもしれません。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島