脊髄損傷の交通事故の直後ですが、弁護士に依頼することは可能ですか? 愛媛県伊予市 K・M 様

【質問】

伊予市内の会社に通勤途中に、信号無視をした自動車にはねられ伊予市内の病院に緊急入院しました。

幸い意識ははっきりしていたのですが、下半身が動かず脊髄損傷だと思われると医師から告げられました。

 

現場で加害者と少し話したのですが、自己保身の発言が多く、あたかも私に非があるかのような発言を繰り返されました。

この先、加害者や加害者の保険会社と交渉することとなるでしょうが、きちんとした話し合いができるか非常に不安です。

 

事故から3日ほどで、加害者からも保険会社からもまだ連絡がありませんが、まだなにもわからない状態で弁護士に依頼することができるのでしょうか?

 

【回答】

愛媛県伊予市のK・M様、ご質問いただきありがとうございます。

 

脊髄損傷の事故に遭われ間もないとのことですが、事故直後から弁護士に依頼することは可能です。

「事故が起きてすぐだし、何もわからないうちから依頼するのは…。」と思われるかもしれませんが、反対にすぐにご依頼していただいた方が後に有利になる事が多いです。

 

交通事故で加害者と被害者で事故当時の状況の証言が食い違った際には、警察の捜査結果が優先されますが、100%警察の見解が正しいとも言い切れません。

そのため、現場や周辺の防犯カメラや目撃者などを被害者側が独自捜査することがあるのですが、時間が経つにつれ証拠がなくなっていくため、初動捜査が肝心と言えます。

 

さらにK・M様の加害者の様子から、脊髄損傷の人身傷害の交通事故であるため、重罰の減刑を狙って、不愉快な発言があるかもしれないとの不安があるので、事前に弁護士に依頼いただいている方が、そういった雑音を聞かずに済みます。

また、弁護士に依頼することにより加害者や保険会社との交渉もスムーズに進み、保険金額等に関しても保険会社からの提示額よりも多くなる可能性があるといった利点があります。

 

当法律事務所では、24時間面接予約受付のフリーダイヤルを開設しておりますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島