脊髄損傷を負い・・・弁護士を通して鍼灸治療を保険で受ける事は可能? 岡山県総社市 F・O 様

【質問】

総社市の歩道を歩行中にわき見運転の自動車にはねられて、脊髄損傷となりました。

 

退院はしましたが、脊髄損傷で下半身が麻痺しただけでなく、頸部捻挫により利き腕に麻痺と鋭い痛みがあります。

入院をしていた総社市の総合病院で、電気治療や低周波治療、湿布薬や鎮痛剤の処方をされていますが、少しもよくなる兆しがありません。

 

同居している母が、「昔ぎっくり腰でかかっていた総社市の鍼灸治療院がよかったので、行ってみては?」と勧められました。

ですが、鍼灸治療は交通事故の治療は認められていないと聞いたことがあり、念のため加害者側の保険会社に聞いたところ、「鍼灸治療に保険金は支払われません。」と言われました。

 

本当に保険で鍼灸治療を受けることはできないのでしょうか?

 

【回答】

岡山県総社市のF・O様、ご質問いただきありがとうございます。

 

脊髄損傷などの神経的な損傷の場合、病院などで施術される西洋医学よりも、東洋医学の鍼灸治療やあんまの方が効果があることもあります。

そのため、脊髄損傷だけでなく交通事故に遭われた方の中には、鍼灸治療を希望される方もいます。

 

しかし、保険会社の方に鍼灸治療を打診すると、「NO」と言われることがほとんどです。

保険会社に強く言いしぶしぶ認めた場合でも、「医師から鍼灸治療が必要との同意をもらってください。」と言われます。

 

実は、自賠責保険であっても、交通事故で鍼灸治療を受けることは可能です。

 

平成13年の国土交通省の発表でも、

(頂いたご意見)

 医師、柔道整復師、マッサージ師等のうち、どの治療を受けたかにより被害者の受け取る金額が異なることのないようにするべき。

(国土交通省の考え方)

 支払基準では治療費等に関しては必要かつ妥当な実費とされております。

 

(頂いたご意見)

 鍼灸治療に係る医師の同意の要件を外すべき。

(国土交通省の考え方)

 支払基準ではそのような規定を設けておりません。

となっており、柔術整体師・鍼灸師などの免許者の治療に関しては、医師と変わりなく保険対象となり、医師の同意も必要ではありません。

 

ですが、加害者側の任意加入の自動車保険の要件は違うこともありますので、事前に保険会社に確認をした方が無難です。

しかし、個人で保険会社と交渉すると拒否されてしまうので、弁護士を通じて連絡するか、鍼灸治療を受けようとする医院から連絡してもらうと良いでしょう。

特に弁護士から連絡が来た場合、保険会社もNOとは言えないため、ほとんど認められます。

 

当弁護士事務所では、交通事故の鍼灸治療の交渉はもちろん、保険金の請求までいたしますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島