自損事故の脊髄損傷で保険会社が渋っている際、弁護士から請求は可能? 徳島県徳島市 Y・T 様

【質問】

2か月前に徳島市の県道でハンドル操作を誤り、ガードレールにぶつかる自損事故を起こしました。

徳島市内の救急病院に搬送され、検査を受けたのですが腰椎部分に脊髄損傷を負い、他に外傷もあったので現在も入院をしています。

 

乗っていた自動車は半壊し、ガードレールも激しく壊れてしまったので、加入していた自動車保険の損保会社に連絡はしました。

自損事故であったため、自動車の修理の車両保険と、ガードレールの修理の対物保険の対応をお願いしたのですが、後で人身傷害保険も付帯していたことに気が付き、一緒に請求をすることにしました。

 

しかし、人身傷害保険の話になった途端、「脊髄損傷ですが、ご自分で起こされた事故ですからねぇ…。」と支払いを渋るような態度をとられました。

このような場合、弁護士から請求をすればキチンと支払ってもらえるのでしょうか?

 

【回答】

徳島県徳島市のY・T様、ご質問いただきありがとうございます。

 

自損事故の場合は、自賠責保険が使えなかったり、自動車保険の基本プランしか加入していないと、自分自身が交通事故でけがを負った際に補償がありません。

しかし、自損事故保険や人身傷害保険を付帯して加入していれば、自損事故であっても帆保険金が支払われます。

 

自損事故を起こした場合、「自分が起こした事故だから、保険金は出ない。」「自業自得だし、自腹で支払うしかないか。」と、保険が使えないと思い込んだり、保険を使うことに対して気が引けてしまう方もいます。

しかし、保険の基本理念は「万が一に備えるもの」ですので、保険金が支払われるケースであれば、契約者には請求する権利があります。

特にY・T様の場合、脊髄損傷と大きな怪我を負われているので、保険金請求をした方がいいです。

 

保険会社によっては、自損事故を起こした契約者の心理的な弱みに付け込み、保険金の支払いを渋ることがありますが、そのようなときには弁護士を通じて交渉した方がスムーズに行きます。

保険会社も弁護士から請求をされれば、正規の保険金を支払うことを拒否することができないからです。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島