脊髄損傷の夫の介護の為に会社を・・・加害者にその分を請求できますか 愛媛県松山市 S・U 様

【質問】

主人が松山市内で交通事故に巻き込まれ、頸椎部分の脊髄損傷を負いました。

脊髄損傷の症状がひどく首から下が麻痺しており、寝たきりで24時間介護が必要な状態です。

 

交通事故に遭う前は主人も私も松山市内の会社に勤めており、今は二人とも休職扱いにしてもらっています。

ですがこの先主人は会社に復職できないでしょうし、私の方も有給がなくなった時点で復職か辞職かを選ばないといけないです。

 

主人と私の希望としては、自宅で主人の介護をしたいと思っているのですが、二人とも会社を辞めてしまうと収入が途絶えてしまいこれからの生活が心配になってきます。

そこで、加害者の保険会社に損害賠償請求する際に、私が会社を辞めて介護することへの損害補償を含めてしたいと思います。

 

介護するために松山市内の会社を辞めた私の損害は、認められるのでしょうか?

 

【回答】

愛媛県松山市のS・U様、ご質問いただきありがとうございます。

 

交通事故の被害者に対する加害者の保険会社からの損害賠償請求は、休業補償や治療費・身体的な後遺症に対する損害賠償、将来的な収入の減少に対する補てんなど、様々なものがあります。

 

しかし、被害者家族に対する補償は、思いのほか少ないです。

ですが、脊髄損傷で常時介護が必要となった場合には、家族の負担が大きく別途損害補償が認められることもあります。

 

S・U様の場合、現在勤めている松山市内の会社を休んで介護されているので、介護者に対する休業損害補償費が請求できます。

ですが、将来的な介護に関しての介護費用も必要となるため、それも含めての損害賠償請求をした方が良いです。

判例では、職業介護人の費用だけでなく、家族の介護に対する対価も保険金として認められた判例が多いため、S・U様も認められる可能性が高いと思われます。

 

しかしながら、これらの補償を損保会社から申し出てくることはなく、弁護士などに相談して初めてそういった補償があることを知る方も少なくありません。

そのため、弁護士に相談して将来的な介護費用がどのくらいになるか計算してもらい、弁護士を通じて請求をしてもらった方がスムーズに認められると思います。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島