交通事故による脊髄損傷の治療に健康保険を使うことができますか? 岡山県津山市 H・S 様

【質問】

津山市内の市道を走行中に、交差点で交通事故を起こしました。

その際に脊髄損傷を負ったのですが、とりあえず今は私が治療費を支払い、後で保険会社に請求するつもりです。

 

ですが、交通事故で病院に掛かっているため、全額自己負担になっています。

そのため、脊髄損傷の治療は毎回1~3万円もかかるため、一時的なものとはいえかなりの負担になっています。

 

以前に「交通事故で健康保険は使えない」とか、「交通事故でも健康保険が使える」とも聞いたことがあります。

交通事故の脊髄損傷の治療に健康保険は使えないのでしょうか?

それとも健康保険の種類により、使えたり使えなかったりするのでしょうか?

 

【回答】

岡山県津山市のH・S様、ご質問いただきありがとうございます。

 

「交通事故では健康保険が使えないから、治療費は全額自己負担。」と聞いた方も多くいらっしゃるのでしょうか?

交通事故に遭われた方の中には、「病院の会計から健康保険は使えないと言われたので、全額自己負担だと言われた。」と言う方も多くいます。

 

しかし、相手方のいる交通事故、自分だけの自損事故のどちらであっても、またどの健康保険組合であっても健康保険を使うことができます。

ただし、交通事故で健康保険を使う場合には、「第三者の行為による傷病届」もしくは「自損事故による傷病届」が必要になります。

さらには、それにかかる添付書類も必要になるため、分かりづらい場合には病院の窓口か健保組合窓口、弁護士などに相談してみた方が良いでしょう。

 

津山市のH・S様の場合、自動車保険に加入しているみたいなのですが、そちらの方との交渉はどうなっているのでしょうか?

多くの病院では交通事故の場合、損保会社から直接治療費が支払われるように手続きがされ、加入者の方の負担がないようにするのが通例なので、一度しっかりと確認してみた方が良いでしょう。

 

ですが、このような手続きは分かりづらく煩雑なケースが多いので、弁護士に依頼するのが一番手っ取り早いかもしれません。

当弁護士事務所では、無料の相談窓口を設置しておりますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島