脊髄損傷の症状が出ているのに、医師の診断がおりない場合には? 徳島県阿南市 S・R様

【質問】

4か月前に阿南市の市道で交通事故に巻き込まれ、腰骨を骨折しました。

今もまだ阿南市の病院に入院をしているのですが、交通事故直後に腰から下が全く動かなかった状態からすると良くなっては来ていますが、足に麻痺がある状態で排尿障害もあります。

 

私は腰椎か骨盤内の脊髄損傷を疑っているのですが、担当の医師は「CTやMRIから見ても脊髄損傷ではない」と言っています。

しかし、骨折自体はほぼ治りつつあるにもかかわらず、麻痺や痛みは一向にひきません。

来週にはいったん退院となってしまうのですが、医師が骨髄損傷と認めてくれない場合には、どうすればよいのでしょうか?

弁護士を通じて抗議すればよいのでしょうか?

 

【回答】

徳島県阿南市 S・R様、ご質問いただきありがとうございます。

 

交通事故に多くみられる後遺症に四肢のしびれや痛みがあるのですが、これらの原因は脊髄損傷のみとは限りません。

当弁護士事務所に交通事故の脊髄損傷について相談に来られた方の中でも、後に脊髄損傷と認められた方もいれば、脊髄損傷と認められなかった方もいます。

腕や足の場所の神経が断裂して麻痺ある場合や、脊椎が変形や骨折により脊髄を圧迫しているケースや、脊髄から延びる神経根が圧迫されていることが原因であることもあり、その原因と考えられるものが多すぎるということが言えます。

 

しかし、脊髄損傷が断裂している部分が小さすぎて、CTやMRIに映らないと言った場合もあります。

脊髄損傷が疑われるのに画像に映らない場合には、微弱な電気を流して神経が通じているかの検査などと言った、より精密で高度な検査が必要となります。

そのため、一人の医師の所見だけでなく、設備が整った病院で再検査してみるのも一つの方法です。

 

基本的には医師は専門職であるので、依頼主や弁護士の意見で診断を変えることはありませんので、納得する診断を受けたいのであればセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島