保険会社が「脊髄損傷の症状固定をして欲しい」と、直に応じるべき? 愛媛県八幡浜市 H・Y 様

【質問】

横断歩道を横断中に自動車にはねられ、八幡浜市内の病院に救急搬送されました。

外傷は1カ月ほどで治ったのですが、両足に麻痺があるため精密検査を受けたところ腰椎内の脊髄損傷が見つかりました。

 

退院後は週に2回通院していますが、リハビリを重ねても脊髄損傷による麻痺は改善せず、事故から6カ月たったのにしびれがひどくて布団から出られない日もあります。

 

先日、加害者が加入していた損害保険会社から、脊髄損傷の症状固定の認定を受けてほしいと言われました。

通院している八幡浜市の病院の医師にそのことを伝えると、「症状固定には程遠いし、すぐにしなくてもいい」と言われました。

 

保険会社からの症状固定の認定に、すぐに応じなくて不具合はないのでしょうか?

また、医師の言うようにすぐにしなくてもよいのでしょうか?

 

【回答】

愛媛県八幡浜市のH・Y様、ご質問いただきありがとうございます。

 

当弁護士事務所に寄せられる相談の中で、症状固定に関するご質問は多く寄せられています。

症状固定とは、「これ以上治療をしても症状が良くなることがないので、今の身体にある不具合は後遺症としましょう。」と言う事です。

 

保険会社が症状固定にこだわるのは、症状固定の時点で後遺症の程度が確定できるため、補償金の正確な計算が出来るからです。

ですが、これは保険会社の主張で、実際は「症状固定までの治療費は保険会社が負担しなければいけないが、症状固定してしまえば支払う義務はない」と言うのが本音です。

 

ですので、弁護士の立場からすれば、「治療の必要がある間は症状固定しなくてもよい」と言えます。

医師が「症状固定には程遠いし、すぐにしなくてもいい」と言っているのであれば、なおさら症状固定する必要はありません。

 

症状固定の認定を受けてしまうと、認定の取り消しは難しく、症状固定後の治療費は実費となるため、愛媛県八幡浜市のH・Y様の場合は症状固定しない方が良いでしょう。

 

しかし、将来的には症状固定をしなければいけませんので、最適な時期を医師や弁護士と相談した方が良いでしょう。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島