物損事故扱い後に脊髄損傷が発覚。人身事故に切り替えできますか? 香川県善通寺市 S・K 様

【質問】

会社に行く途中、善通寺市内の交差点で停車中に、タクシーに追突されました。

警察は呼んだのですが、その時は体に痛みがなく、相手も善通寺市では知られたタクシー会社の運転手で、「自動車の修理代はすべて自分が出す」と言ったので、名刺の裏に修理についての念書を書いてもらった後、物損事故扱いにしました。

 

しかし、翌日になってから首に違和感があり吐き気などを感じたため、善通寺市内の総合病院に行きました。

むち打ちだろうと軽く考えていたのですが、精密検査の結果、部分的に脊髄損傷をしているのが分かりました。

 

急いで相手のタクシー会社の運転手に連絡をしたのですが、「物損事故にすると同意したはず」と頑として聞き入れてくれませんでした。

脊髄損傷は一生治らないと聞いたことがあり、自動車保険からの保障を受けたいのですが、警察が人身事故で処理していないと脊髄損傷の保障は無理だと保険会社から言われました。

 

一度、物損事故としてしまった場合には、人身事故に切り替えることはできないのでしょうか?

 

【回答】

香川県善通寺市のS・K様、ご質問いただきありがとうございます。

 

軽い衝突事故で、お互い物損事故で同意していたはずなのに、後日むち打ち症状などが出て人身事故に切り替えるというのはよくある話です。

当弁護士事務所でも、「相手が後日むち打ちと言ってきたのだけれども…」という相談を受けことがあります。

 

警察に行けば、物損事故から人身事故に切り替えすることはできます。

この時は、相手方の同意は不要ですので、お一人で行っても手続きができます。

物損事故から人身事故に切り替える際には、医師の診断書などが必要になりますので、必ず用意しましょう。

 

しかし、交通事故からしばらく経ってからの申し立ての場合、人身事故に切り替えられないことがあります。

交通事故から1週間以上たってから病院に行って診断書をもらったとして、「交通事故後しばらくたった時点での診断書」ですから、交通事故後にこけたり階段を踏み外したりと他の原因なのではと、反論される可能性があるからです。

 

香川県善通寺市のS・K様のケースでは翌日診察されているので、警察の方も人身事故の切り替えの受理をしてくれると思います。

 

ですが、相手方とは交渉がもめる可能性が高いので、事前に弁護士に相談するか、弁護士を通じて相手方と交渉した方が良いと思います。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島