脊髄損傷の入通院慰謝料とはどういった物でしょうか? 愛媛県西条市 S・S 様

【質問】

2年前に交通事故で脊髄損傷を負い、交通事故時に入院した西条市内の病院に6カ月入院した後、退院後も通院をしていました。

3カ月前に脊髄損傷の症状固定を加害者側の保険会社から打診され、主治医の方も「症状固定が妥当な時期」との意見でしたので、症状固定をしました。

 

先日やっと保険会社から保険金の金額と内容が書かれた書類が送られてきました。

入院治療費など項目が細かくあったのですが、その中で入通院慰謝料と言うものがありました。

 

私の脊髄損傷の症状は両足に麻痺が残る状態で、事故前に勤めていた西条市内のブティックは立って接客するものであったため、退職を余儀なくされてしまいました。

そういった状況になったことを含んでの慰謝料なのでしょうか?

 

【回答】

愛媛県西条市のS・S様、ご質問いただきありがとうございます。

 

交通事故によって保険会社から支払われる金銭は、項目が細かく分かれており、1円単位まで計算します。

 

入通院慰謝料も項目の中の一つで、完治や症状固定するまで入院や通院をしていた期間の慰謝料になります。

入通院慰謝料とは、交通事故によって負った肉体的な苦痛や精神的な苦痛に対して支払われるものなのですが、苦痛の度合いを数値化することは難しいため、通常は「入院○ヶ月、通院○ヶ月」との算定表があり、それにより計算されます。

 

しかし、入通院慰謝料も画一的に同じかと言えばそうではなく、弁護士が交渉した場合大きく金額が変わることが多いです。

なぜかというと、治療費などは医療機関に支払った実費ですので、弁護士が介在しても大きく変わることが少ないです。

ですが、慰謝料は数値化することが難しいゆえに、保険会社は自賠責基準の最低ラインの金額しか提示してきません。

そのため、弁護士が裁判の判例ベースで計算すると、何十万~何百万もの差が出てくることになるからです。

 

愛媛県西条市のS・S様は交通事故の後遺症の脊髄損傷により、仕事を辞めざるを得なくなったようですが、それに対しては入通院慰謝料とは別の項目での請求になります。

S・S様の場合は、保険会社から提示された内容や金額を、弁護士に精査してもらった方が良いと思われます。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島