駐車中のドアにバイクで衝突して脊髄損傷に・・・過失割合は? 香川県高松市 T・T様

【質問】

高松市内の市道を、バイクで走行していました。

路肩に駐車していた自動車があったのでよけながら走行しようとしていたのですが、突然ドアが開きバイクで衝突しました。

 

バイクごと地面に投げ出されてしまい、高松市内の救急病院に搬送され、全身打撲と頸椎の不完全脊髄損傷と診断され、入院しています。

 

加害者の自動車は駐車違反であった上、よく確認をせずにいきなりドアを開けたのは、目撃者や後続の車のドラレコから警察でも証明されています。

 

しかし、加害者側から「停車している車があるならよけるのが普通だし、ドアが壊されてこっちの方が迷惑。追突事故は後続車が100%悪い。」と、無茶苦茶な言い分を言ってきて、過失を認めません。

 

こちらとしては脊髄損傷を負うほどの事故なのに、相手方が過失を認めないのは納得がいきません。

このような場合、バイクの過失割合はどのくらいになるのでしょうか?

 

【回答】

香川県高松市のT・T様、ご質問いただきありがとうございます。

 

追突事故の場合、走行中ならば車間保持が、駐車中の自動車に対しては安全確認や徐行が義務付けられているため、後続車の過失割合が100%となる事が普通です。

 

しかし、駐車中の自動車のドアが開き、事故となった場合は、通常の追突事故とは全く別に取り扱われます。

なぜならば、駐車中の自動車から降車する際には、安全確認をしてから、走行中の自動車を妨げないように降車しなければいけないからです。

 

弁護士に寄せられる相談の中に、「自動車の扉が急に開き、自転車で衝突した。」「客を見つけたタクシーが強引に車線変更した後、突然ドアを開きバイクでぶつかってしまった。」と言うものがあります。

高松市のT・T様のように大幅な過失割合の減少を言われて困り、弁護士に相談に来られるのですが、過失割合が不当であるケースが多くあります。

 

高松市のT・T様の場合、事故当時の時刻や状況により0~20%の過失が妥当だと考えられます。

脊髄損傷と言う事で後遺症の問題もありますので、もし加害者が過失割合を認めないのであれば、弁護士を介入して交渉することをお勧めします。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島