脊髄損傷に詳しい病院に転院したい。保険会社の了承は必要? 香川県東かがわ市 M・E様

【質問】

交通事故に遭い、東かがわ市内の病院に入院をし、3カ月後に退院をしました。

CT画像から脊髄損傷を負ったことがわかったのですが、現在通院している病院の外科医はあまり脊髄損傷に詳しくないようで、あまり治療が進んでいない状態です。

 

親戚から、東かがわ市外の病院で脊髄損傷の専門医がいると聞き、そちらの病院に転院をしたいと考えています。

ですが、今の東かがわ市内の病院の治療費は、加害者側の保険会社が直接病院に支払っているため、転院をしたら治療費が支払ってもらえないのではないかと心配です。

 

治療する病院を変えるのに、加害者側の保険会社の了承はいりますか?

 

【回答】

香川県東かがわ市のM・E様、ご質問いただきありがとうございます。

 

交通事故の初動から加害者もしくは被害者自身が加入している保険会社に連絡をしていると、治療費を一旦保険会社が全額負担することがあります。

入院や通院している側からすると、治療費の負担がないため交通事故で負った怪我の治療に専念できるため良いのですが、転院となると問題が生じることがあります。

 

基本的にどの病院で治療を受けるかは、交通事故の当事者が自由に決めることができるのですが、保険会社側からすると支払先が複数になる事から、転院を渋ることがあります。

その場合には、いったん自己負担で治療を受け、示談時に領収書を提出して清算となります。

しかし、保険会社が「保険適応外の治療なので支払わない」「2週間に1回の通院頻度であれば、完治しているのではないか?」と、支払いを拒否するケースもあります。

 

弁護士に寄せられる相談の中にも、「保険会社が治療費を支払ってくれず、困っている」というものがあります。

弁護士の立場からのアドバイスは、「保険適応の治療のみ支払い対象になる」「週1回以上の通院履歴が必要」「転院の際には症状固定の際に事故当初からの経過が書かれた診断書が必要」と言うのが、最低条件で必要になります。

 

どうしても、保険会社が転院を拒否をするようであれば、弁護士に相談をして弁護士から保険会社に通達してもらうのも良いでしょう。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島