脊髄損傷で育児ができず…家事代行業の費用を請求できますか? 愛媛県東温市 K・M様

【質問】

買い物からの帰り道で自動車にひかれる交通事故に遭い、脊髄損傷となり入院1カ月目です。

歩くことはできますが両腕にしびれがあり、スプーンすらまともに握れない状態です。

入院している東温市の病院では治療と併せてリハビリを行っていますが、回復には時間がかかりそうです。

 

それ以上に困っているのが、子供たちのことです。

小学2年生と幼稚園の年中組の2人がいるのですが、夫は仕事が忙しいため家事や幼稚園の送り迎えができません。

そのため、同じ東温市内に住む義母が来てくれて、事故直後から泊まり込みで子供の世話をしてくれています。

しかし、義母も健康状態があまり良くなく、これ以上子供の世話をお願いするのも限界と思われます。

 

なので、家事代行業をお願いしようと思うのですが、朝から夫が帰ってくる21時までお願いすると1日2万近くかかることもあり、頼むことができません。

治療費は加害者側から病院に全額支払われていますが、弁護士から頼めば家事代行業の費用も支払ってもらうことはできるのでしょうか?

 

【回答】

愛媛県東温市のK・M様、ご質問いただきありがとうございます。

 

専業主婦であっても休業補償が認められているため、入院や通院時の休業補償を受け取ることができます。

自賠責保険でも、1日5700円の休業補償があります。

 

それとは別に自動車保険会社の保険で、特約として補償をしているものもあります。

家事代行サービスに対して1日5000円までの支払いを認めているものや、入院中のベビーシッターや高齢者の介護に対して1日20000円まで支払うものもあります。

 

東温市のK・M様の場合、交通事故で脊髄損傷となった被害者であるので、「子どもの世話をする人がいない」という主張は通りやすいと言えますが、それには医師の診断書と併せて、具体的な家事代行サービスの内容の説明が必要となります。

保険会社も保険金の支払いを渋る傾向がありますので、弁護士から請求してもらう方が主張が通りやすくなると思います。

 

脊髄損傷ということで、退院後の日常生活や家事・育児などに大きく支障が出る可能性があるため、弁護士に相談をしてその分の損害賠償請求も併せてしてもらう方が良いでしょう。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島