脊髄損傷の交渉を依頼したいが、弁護士事務所まで行けません 高知県香美市 O・S様

【質問】

半年前に香美市内で信号待ちで停車中に追突される交通事故に遭い、現在も香美市内の病院に入院中です。

交通事故で負った脊髄損傷の度合いがひどく、胸から下は完全麻痺をしており、腕から上も麻痺があります。

 

交通事故当初から加害者側の保険会社の対応が悪く、弁護士に依頼をして保険会社との交渉を任せたいと思っています。

しかし、脊髄損傷で入院中ということもあり、弁護士事務所まで行くことができません。

脊髄損傷の病状から一時帰宅も出来ない状態で、もし出来たとしても車いすで弁護士事務所まで行く自信がありません。

 

とはいえ、メールや電話だけで弁護士に依頼するのも不安ですし、依頼するかどうか分からないのに病院まで来てもらうのも気が引けます。

退院し、自分で動けるようになってからしか、弁護士に依頼することはできないのでしょうか?

 

【回答】

高知県香美市のO・S様、ご質問いただきありがとうございます。

 

交通事故に遭われた方の中には、脊髄損傷だけでなく、遷延性意識障害となられたり、全身骨折などで、弁護士事務所まで直接来られるのが困難な方が多数いらっしゃいます。

 

そのため、当弁護士事務所ではメールや電話にて無料相談を受け付けております。

その際に、事故状況や加害者・保険会社との交渉内容などを十分お聞きして、弁護士に依頼された方が良いかアドバイスさせていただいております。

 

その上で、弁護士に依頼されるということでしたら、依頼人のところに弁護士が伺うことは可能です。

依頼人からの指定であれば、自宅や病院だけでなく、人目が気になる場合は、病院近くの喫茶店などでもよいため、香美市のO・S様も退院まで待つ必要はありません。

 

一般的に交通事故の場合、早期から弁護士が介入した方が加害者や保険会社との交渉がスムーズとなることが多いです。

香美市のO・S様も、保険会社に問題があるようですので、まずはメールかお電話で相談していただけたらと思います。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島