交通事故による脊髄損傷の損害賠償金に税金はかかる? 徳島県阿波市 S・H様

【質問】

半年前に阿波市内の交差点を横断中に、自動車にはねられる交通事故に遭いました。

 

その事故で脊髄損傷を負ったのですが脊髄損傷の後遺症が重く、勤めていた阿波市内の会社も辞める方向でいます。

 

そのため、加害者側の保険会社とは治療費や後遺障害慰謝料のほかに、将来的な収入の減少の請求も考えているのですが、トータル的な金額になるとかなり高額な請求になります。

 

ふと思ったのですが、交通事故の保険金を受け取った際に、税金はかかるのでしょうか?

税率によっては何百万円もの税金を支払わなければいけない可能性もあるため、その分も含めて保険会社に請求をした方が良いのでしょうか?

 

【回答】

徳島県阿波市のS・H様、ご質問ありがとうございます。

 

交通事故の保険金と言われる治療費や慰謝料などに対しては、税金がかからないことが一般的です。

そのため、保険会社から支払われる脊髄損傷の保険金がどれだけ高額になっても、保険会社から支払われた満額を受け取ることができます。

 

徳島県阿波市のS・H様の場合、交通事故で脊髄損傷となられ、会社の退職を余儀なくされたというほどの重度な後遺症のため、保険会社との示談の提示額の精査を弁護士に依頼されることをお勧めします。

 

一般的に保険会社が初めに提示する保険金額は最低ラインとも言えるもので、弁護士による示談や裁判の判例などと比べると数倍の開きがあることもあります。

また、意図的に保険会社が請求できる項目を告げない場合もあり、弁護士による指摘により交通事故の被害者の方が、「こういったものまで請求できるのか?!」と驚かれることも多々あります。

 

そのため、徳島県阿波市のS・H様も弁護士に一度相談の上で保険会社からの示談内容を精査してもらい、弁護士を通じて保険会社と示談交渉をした方がよいでしょう。

弁護士費用を差し引いても、結果的に受け取れる保険金が多くなる可能性が非常に高いと言えるため、交通事故に精通をした弁護士に一度相談するべきかと言えます。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島