脊髄損傷の治療で自由診療を受けたいのですが… 愛媛県新居浜市 R・K様

【質問】

妻が新居浜市内の路上で交通事故に遭い、脊髄損傷になって半年が経ちます。

 

3カ月間、新居浜市の総合病院に入院し、退院後は通院してリハビリを続けてはいますが、脊髄損傷の症状改善がみられず、転院も考えています。

脊髄損傷の治療費は、加害者の保険会社が直接病院に支払ってくれています。

 

最近、弁護士に交通事故の相談をした際に、新居浜市外ですが脊髄損傷の治療で有名な所があるが、自由診療で費用が掛かるというのを雑談の中で聞きました。

その弁護士とは相談だけで終わったのですが、妻の症状がよくなるのであれば、自由診療でもいいのでその病院に転院しようかと思っています。

 

この場合、加害者側の保険会社に言って、転院することは可能でしょうか?

治療費自体の支払いに関しては、打ち切られることは覚悟しています。

 

【回答】

愛媛県新居浜市のR・K様、ご質問いただきありがとうございます。

 

加害者への治療費の請求は、健康保険適用範囲内の治療に限られています。

健康保険適用範囲内の治療をおこなって、それでも脊髄損傷の後遺症が残った場合には、後遺障害慰謝料を支払うという流れになります。

 

一方で、被害者の方からすれば、健康保険適用範囲内の治療であれば治療費が支払ってもらえるが、自由診療ならば支払ってもらえないものの、症状改善に期待できるといったケースがままあります。

 

自由診療を受けられるのは脊髄損傷患者の自由ですが、いくつか注意が必要です。

1つは愛媛県新居浜市のR・K様がおっしゃる通り、治療費の支払いが打ち切られます。

自由診療自体、健康保険を使わない治療ですので費用が高額になることが多く、金銭的な負担が大きくなることは覚悟しなければいけません。

 

もう1つが、「自由診療=脊髄損傷に効果がある治療」とは限らない点です。

同じ薬でも効く人と効かない人がいるように、必ず治療効果があるとは限りません。

 

また、自由診療後脊髄損傷が悪化した場合、弁護士が介入しても「脊髄損傷患者が勝手にした治療で後遺症が重くなったので、後遺障害慰謝料は減額します」と、保険会社から言われてしまう可能性もあるため、自由診療には細心の注意が必要です。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島