交通事故の脊髄損傷で引っ越しが必要に…費用は請求できる? 愛媛県西条市 W・A様

【質問】

3カ月ほど前に交通事故に遭い、西条市内の病院に入院しているのですが、交通事故に遭う前は西条市のアパートで一人暮らしをしていました。

 

交通事故で脊髄損傷を負い、現在は入院している病院でリハビリ中ですが、車いすがなくてはならない生活を余儀なくされています。

 

色々と困りごとが多いのですが、その中で一番大きいのが現在住んでいるアパートのことです。

古いアパートの2階に住んでいてエレベーターなんてものはなく、車いすのため自力で自宅にたどりつくことすらできません。

また部屋の作りも古く狭いため、玄関も車いすで通ることもできません。

 

そのため、西条市内で車いすでも暮らせるアパートに引っ越しをしたいと思っているのですが、加害者に引っ越し費用を請求することはできるのでしょうか?

 

【回答】

愛媛県西条市のW・A様、ご質問ありがとうございます。

 

交通事故と現在の居住環境は、本来因果関係はないのですが、交通事故による脊髄損傷の後遺症により、現在住んでいるところに居住が困難である場合には、交通事故による損害賠償として認められる可能性があります。

 

愛媛県西条市のW・A様の場合では、「脊髄損傷の後遺症により、自力での階段の昇降が困難」「現在の居宅はエレベーターのないアパートの2階」「一人暮らしで介助者がいない」といった事情があるため、引っ越しの必要性が高いと言えます。

 

ただ、引っ越し費用が全面的に認められるとは限らず、「引っ越し費用が異様に高額」「必要以上に広く華美な設備が整ったマンションへの転居のための敷金礼金」などは、認められない可能性が大きいです。

 

しかし、直接加害者や保険会社に引っ越し費用の請求をしても、承諾されるとは限りません。

そのため、弁護士を通じて引っ越し費用を請求するのが効果的と言えます。

 

事前に弁護士を通じて保険会社と引っ越し費用の交渉をして、その後に引っ越すという方法が一番スムーズに転居できると思われますので、退院まであまり日にちがないようであれば、早々に弁護士に相談をした方が良いでしょう。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島