脊髄損傷で車椅子生活に…自宅のリフォーム費用は請求できますか? 岡山県岡山市 N・K様

【質問】

3ヶ月前に主人が趣味のバイクでツーリング中、岡山県岡山市内で自動車にはねられる交通事故に遭いました。

幸いにも一命はとりとめたものの、脊髄損傷の影響で下半身が完全に麻痺してしまった状態です。

 

現在もまだ岡山市内の病院に入院中で、リハビリの予定などもありますが、今後自宅に戻ってからは、車いすでの生活が必要だと医師に言われました。

自宅は主人の実家である古い木造二階建ての家屋で、自営業のため店舗も兼ねています。

当然、バリアフリーのような環境ではありません。

 

主人も早く仕事に復帰できることを願っており、今後は主人が自宅で快適に過ごすためのリフォームが必要になってくると思います。

もしかしたら建て直しが必要になってくるかもしれません。

 

このような場合、家と店舗のリフォーム費用を相手に請求することは可能でしょうか?

 

【回答】

岡山県岡山市のN・K様、ご質問いただきありがとうございます。

 

交通事故で負った脊髄損傷の後遺症により、現在の住宅環境では生活が困難だと見なされる場合にはリフォーム費用を請求することは可能です。

 

しかし、脊髄損傷患者の生活が支障なく行える範囲内でのリフォームが前提になります。

建て直しが必要かどうかは現場によってケースバイケースになるでしょうが、脊髄損傷患者の生活範囲や家族が介護する部分以外のところも大きくなるため、建て直し費用を全額負担してもらうということは難しいでしょう。

 

またリフォームの場合でも、特に質問者様のケースですと、実家で家族と同居の様子ですので、お風呂やトイレなどの周辺や、玄関などの段差を失くすといったことは認められますが、脊髄損傷患者の生活に関わる部分以外で必要以上のリフォームに関しては認められないでしょう。

 

どのようなリフォームが必要なのかは症状などによっても異なるかと思います。

裁判の例では、自宅に階段昇降機やウォシュレット機能付きのトイレを設置するリフォーム費用を請求していたものの、退院後から訴訟までの期間に階段昇降機やウォシュレットが無い環境でも生活できていたことから、こうした設備を設置する必要がないと判断されたものもあります。

 

一方で、家屋のリフォームに関しては非常に費用がかかることからも、後遺障害の程度に合わせてどのような設備が必要なのか、病院の作業療法士や設計士と相談の上で決めるのが良いかと思われます。

 

また、相手方の保険会社との交渉については交通事故の後遺症に強い弁護士を通してやり取りを行うほうがトラブルも少なくスムーズに進むと思います。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島