息子が交通事故に遭い脊髄損傷に…大人と同様に慰謝料請求できる? 徳島県徳島市 S・K様

【質問】

徳島県徳島市で中学2年生の息子が下校中に交通事故に遭ってしまいました。

肋骨の骨折に加えて脊髄損傷を負い、2ヶ月ほどの入院と治療を受けてから、リハビリを始めています。

 

地道にリハビリを続けてはいるものの、主治医からは脊髄損傷の影響により、歩行が困難になる後遺障害が残る可能性があると伝えられているのです。

 

加害者は私と同じく徳島県徳島市内に住む会社員でした。

交通事故に遭ったあと、加害者側の保険会社からうちに連絡があって、息子が治療している費用は負担してもらっています。

 

加害者側の保険会社とする示談交渉は息子がもっと回復してからでしょうが、未成年と成人など、年齢によって示談交渉において異なる事はあるでしょうか。

 

【回答】

徳島県徳島市のS・K様、ご質問いただきありがとうございます。

 

まず、未成年や成人に関わらず、交通事故による損害賠償請求は可能です。

とは言いましても、成人の有無ではなく、18歳以上と以下でやや違いがありますので、確認する事をおすすめします。

 

交通事故の損害賠償において、「逸失利益」と言われる将来的な収入の増減を保証してもらえる決まりがあります。

通常、会社員などの勤め人であれば、交通事故によって減った収入は補填してもらえるため、それほど難しい事はありません。

 

徳島県徳島市のS・K様の場合、息子様が中学2年生、つまり13歳や14歳といった年齢になるかと思いますが、賃金センサスという国民の平均収入が18歳〜65歳まであると考える事ができ、脊髄損傷による逸失利益を請求できます。

 

逸失利益の計算において、時間と関係する損害賠償金の計算方式であるライプニッツ係数が用いられますが、18歳未満のケースでは計算方法が異なります。

よって、逸失利益に関しては弁護士に詳しく説明してもらうのがおすすめです。

 

また、中学生ですと就業していない場合がほとんどでしょうが、そうなると休業補償と言われる給料の補填が一部のケースを除いてありません。

他には、交通事故が原因で学校の勉強についていけなくなり、塾に通わせる場合、この費用は加害者側に請求できる場合があります。

 

これらのように、成人されている方、18歳以上の方と比較すると、18歳未満の方が交通事故に遭われた場合の損害賠償請求はやや違いますので、弁護士に詳細を求めるべきです。

その他にも異なる点がいくつかありますので、損をしないためにも弁護士に相談する事をおすすめします。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島