脊髄損傷を負った交通事故の示談から保険会社が手を引く場合は? 愛媛県新居浜市 K・H様

【質問】

3ヶ月前に脊髄損傷となり、辛いリハビリを行っています。

この脊髄損傷は、愛媛県新居浜市で起こった交通事故に巻き込まれたことが原因です。

 

腰から下の下半身麻痺であり、医師からは一生車椅子生活になるかもしれないと伝えられました。

これからこの病気と闘っていかなければいけないことを考えると、気が滅入ってしまいます。

 

過失割合が0:10の交通事故であったため、当初から、私個人と加害者側の保険会社とで交渉を行っていたのですが、つい最近、保険会社が示談交渉から撤退するという信じられない話を聞きました。

私が脊髄損傷という受傷を負い、これから一生闘っていかなければならないのに、その示談交渉から撤退するということは、あまりにも理不尽な話です。

 

そんな思い掛けない話に驚き、相手の保険会社に問い合わせてみたのですが、加害者と直接交渉して下さい、の一点張りです。

保険会社に示談を拒否される理由が思いつかず、もしかしたら、加害者が怖い方で問題が発生しているのかなと、色々憶測してしまいます。

 

この場合、保険会社と示談交渉を続けるようにお願いした方が良いのでしょうか?

もし、加害者と直接示談交渉をしなければならないのであれば、私が弁護士を雇い、示談交渉をした方が良いのでしょうか?

 

【回答】

愛媛県新居浜市のK・H様、ご質問いただきありがとうございます。

 

保険会社が撤退する代表的な理由は、加害者もしくは被害者に問題があることです。

 

交通事故の当事者が保険会社に対して脅迫行為を行ったりする場合や、通常の示談の範囲を超える請求を繰り返したりした場合は、保険会社自体が弁護士を雇い、示談交渉を行ってもらうことがあります。

 

もうひとつの理由は、加害者が加入している保険に問題がある場合です。

仮に、加害者が加入している自動車保険の保険上限額が6000万円だったとします。

交通事故による脊髄損傷の損害賠償請求額の試算が7500万円だった場合には、保険だけでは1500万円が不足していることになります。

となってしまうと、保険会社から6000万円を受け取って示談をするか、7500万円の請求をするか、加害者側と話し合って下さいということになってしまいます。

 

愛媛県新居浜市のK・H様の場合、保険会社が弁護士を立てずに、直接加害者側と示談する事を示唆しているため、単純に保険金の上限が低かったからであると考えられます。

 

愛媛県新居浜市のK・H様のケースでは、保険金を受け取って諦めるか、もしくは弁護士を雇って、加害者に対して正当な請求をするかのどちらかになるかと思います。

加害者と直接交渉をするのが不安であれば、弁護士を雇って、交渉に当たるのが良いでしょう。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島