脊髄損傷を負った場合、自宅のリフォーム費用は請求出来る? 愛媛県宇和島市 Y・S様

【質問】

2ヶ月前に、脊髄損傷を愛媛県宇和島市の県道で起こった交通事故で負ってしまいました。

この脊髄損傷により、下半身麻痺となってしまいました。

 

ショックが大きく、肉体的にも、精神的にも落ち込む日々が続いています。

麻痺の具合は想像以上に強く、現在も病院に入院をし、懸命にリハビリを受けていますが、医師からは一生、車椅子が必要だと言われました。

 

3ヵ月後に退院した際には、住み慣れた自宅に帰りたいと考えています。

しかし現在の自宅は車椅子で生活する環境ではなく、リフォームする必要があります。

 

私が自宅に帰り生活をするためには、複数の場所をリフォームしなければなりません。

玄関、トイレ、お風呂、キッチンなど、水回りを中心にしてリフォームするためには、当然そのリフォーム代は相当な金額になると思います。

 

そんな高額のリフォーム費用を捻出することは、私にはとても出来ません。

そのため、リフォーム費用を加害者側の保険会社に請求したいと思います。

私の場合は脊髄損傷ですが、交通事故の後遺症を理由とした自宅のリフォーム代の請求をすることは可能なのでしょうか?

 

【回答】

愛媛県宇和島市のY・S様、ご質問いただきありがとうございます。

 

実は、交通事故の後遺症により自宅では生活がしにくい、そして生活が出来ないといったケースは全国的に多数存在します。

 

裁判所の判例では、生活する上で必要なリフォームに関して加害者に支払い命令をすることがほとんどであり、自宅をリフォームすることに関しては認められると思われます。

 

しかし、リフォームの内容に関しては必要なものに限って認められることになります。

自宅介護に精通した設計士や病院の作業療法士に相談することをおすすめします。

 

設計士はリフォーム設計のプロですし、作業療法士は設備や道具の知識を豊富に持っていますので、リフォームをする上で有益なアドバイスをしてもらえます。

 

また保険会社からしても、自宅介護に詳しい設計士が設計した、もしくは作業療法士のアドバイスに基づいてリフォーム内容を決めたと言われれば、納得出来る材料のひとつとなることが出来るでしょう。

 

愛媛県宇和島市のY・S様の場合は、脊髄損傷により必要になった自宅のリフォーム費用を保険会社に請求することは可能です。

自宅をリフォームする場合は、事前に保険会社から了承を得ている方がスムーズに事は進みます。

そのため、保険会社との交渉を弁護士に依頼する方法もあります。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島