交通事故による脊髄損傷 体験談

損傷箇所による傷病名と症状

脊髄損傷は、交通事故などで背骨に強い衝撃を受けたことが原因で、背骨(脊柱)の中に通っている脊髄という神経が損傷する傷病です。

脊髄損傷は、背骨の中をまっすぐ通っていて、司令塔である脳と体の各部を結んでいます。

そのため、脊髄を損傷すると、脳が発する命令が体の各部に正しく伝わらなくなって日常生活に支障をもたらす重大な障害が起こります。

 

脊柱は、部位ごとに名称が付いています。

上から頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎と呼ばれており、それぞれの個所を損傷すると、頸髄損傷、胸髄損傷、腰髄損傷、仙髄損傷、尾髄損傷という傷病名が付きます。

 

脊髄損傷の特徴として、損傷した脊髄の部分より下の部分が麻痺することが挙げられます。

そのため、脊髄の上部を傷めるほど、麻痺の個所が広範囲に渡り、症状が重くなります。

主な症状は、痛み、しびれ、けいれんなどですが、損傷した部位によっては、知覚障害、歩行障害、排泄障害などが起こることもあります。

 

脊髄損傷は、損傷の程度によって、完全型の脊髄損傷と不完全型の脊髄損傷に区別されます。

完全型の脊髄損傷は神経伝達機能のすべてが絶たれた状態、不完全型の脊髄損傷は、脊髄の損傷は部分的で一部の機能は残っている状態です。

 

・完全型の脊髄損傷

完全型の脊髄損傷は、神経伝達機能のすべてが絶たれた状態ですので、脳や脊髄からの命令伝達が行きません。

また、皮膚から感じる寒温や触感・痛覚なども脳や脊椎に伝わらないため、暑さや寒さ痛みなど感じなくなります。

 

そのため完全型の脊椎損傷では、損傷した脊椎の部位から下に障害が出るのですが、足を動かしたくても命令が伝わっていないため動きません

通常足に熱湯がかかると、反射神経によって熱さを感じると同時に足をひっこめると言う動作を自然としますが、こういったことが出来なくなります。

冬季などでは電気毛布により低温やけどなどの心配もあるため、こまめなチェックが必要となります。

 

勘違いしやすいのが「完全型の脊椎損傷なので、何も感じないだろう。」という考えです。

たとえば事故などで左足を切断してないにもかかわらず左ひざが痛いというような、幻肢痛と言うものがあり、完全型の脊椎損傷患者でも疼痛やしびれを訴えることがあります。

 

・不完全型の脊髄損傷

不完全型の脊椎損傷の範囲は広く、気にならない程度の軽いしびれがある場合から、足は全く動かないが温度や触感は感じるなど、患者によって症状は千差万別と言え、一人として同じ症状の患者はいないとも言えます。

 

不完全型の脊椎損傷の場合、事故のショックから温度を感じなくなっていたが、日が経つにつれ温度を感じるようになったり、反対に徐々に痛さを感じなくなってきたりと、改善もしくは退行することもあります

 

完全型・不完全型どちらの脊髄損傷においても、日々の患者の状態チェックが重要となり、介護者も自宅で介護する場合には介護日記や簡易なカルテを書くようにしておくと、医者の診察を受けた際に、治療や投薬の方針決めの手助けとなることが多いので、お勧めします。

 

お困りの際は香川・高松の弁護士までお問合せください。

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

仙椎の損傷

胸椎の損傷とは

腰椎の損傷とは

 

無料相談

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島