その等級認定が正しいかどうか?

等級認定は第3者機関である損害保険料率算出機構によって行われます。

異議申し立ての際の書類の形式には制約がありませんが、重要視するべきものがあります。それは等級認定がされた時点で交付される認定結果と一緒に記載されている認定理由です。損害保険料率算出機構の下した判断に異議申立をする場合は認定理由を確認してそこに対して反論する方法が有効なので、認定結果の確認は必須の作業になります。

 

具体的には、画像所見が無いと判断されている場合や、神経症状を訴えていたにもかかわらずその旨が記載されていない場合など、間違った認識によって判断が下されているケースがあります。このときは医師に確かな画像所見がある旨の意見書を書いてもらうなり、これまでのカルテを取り寄せして初期からその症状を訴えていたなどの反論をすることで認定される等級が上がる見込みが十分にあります。また、医師が画像所見を取り逃しているために障害が認められない場合もあるのでもう一度検査することが有効な場合もあります。

 

私の経験では14級から12級に上がることが最も良くあります。本来12級としても妥当な症状ではあるが、少し足りない要素があるために14級と認定されているケースなどです。この場合は医師に相談したうえで所見に補充してもらい、12級相当であると申請すると意外とあっさりと受け付けてもらえるようになります。

 

いずれにせよ、患者様ご自身が自分の等級についての妥当性や足りない要素を考えることは困難です。香川・高松の弁護士に相談したうえで、どのような調査や資料が必要なのかを知ることが妥当な等級認定には欠かせません。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

後遺症について

リハビリについて

介護について

 

無料相談

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島