きちんと賠償してもらうためには

正しい対応を取らなければ、きちんと賠償されないという事は多分にあり得ます。

 

その原因としてまず一つ目に、保険会社の言いなりになってしまった場合があります。

保険会社の示談をそのまま飲むと、保険会社にとって都合の良い内容のまま示談に合意するということになります。

保険会社にとって都合が良いという事は保険金が少なく済んだという事であり、同時に患者様は大変な不利益を被ったという事になります。

保険会社を信用し過ぎるときちんと賠償されないことがほとんどなので、いたずらに保険会社を信用することを避け、示談の際は誰かに相談する方が得策です。

 

二つ目に等級認定を受けていない、または適切でない場合です。

等級認定を受けた場合と受けていない場合とでは示談金は大幅に違ってきます。

きちんとした賠償を受けるために最も大切な要素であると言えるでしょう。

また、等級認定を受けた場合でも、その等級によって賠償金が大きな差が出てきます

適切な等級認定を得ることは絶対の目標だと言えます。

 

また、稀ではありますが十分な賠償を得るのがとても困難な場合もあります。

 

加害者側が任意保険に加入しておらず、自賠責保険のみであった場合です。

多くの方は任意保険に加入していので心配ないのですが、万が一加入していなかった場合は自賠責保険の補償内容しか期待できません

等級認定された場合はそれに基づいた一定額の賠償金が受け取れますが、それ以上を受け取るには加害者側直接請求しなければなりません

しかし、相手方に多額の損害金を支払えるほどの能力があるとはまず考えられないのでそれ以上の賠償金はあまり望めません。

任意保険に加入していない場合の賠償は、とても難しくなってしまうのが実情です。

 

等級認定の重要性

上に挙げた中では等級認定が最も重要になります。

では、なぜそれほどまでに重要なのでしょうか?

後遺症は患者様によりそれぞれ固有で異なったものなのでその程度を個別に評価することは困難です。

んな中、第三者から見ても怪我の程度を分かりやすくするために、後遺症の症状を労働能力の喪失に置き換えて判断するものが等級認定です。

後遺障害の等級認定は損害保険料率算出機構という非営利法人によって作成された14等級に分類される身体障害者障害程度等級表に基づいて行われており公平な扱いが期待されます。

そのため、等級認定は賠償金を決める際の大きな要素でありとても重要視されます。

逆に賠償金を決める際に等級認定をしていない場合は、第三者から見た公平な判断がないことになり、後遺障害が低く見積もられてしまいます。

また、後遺障害慰謝料や遺障害逸失利益という後遺症認定がされていなければ受け取ることができない賠償金も存在します

よって、等級認定はその認定された内容を含めて大変重要なものなのです。

 

しかし、交通事故で保険会社との交渉や等級認定は、生まれて初めてすると言った方が大多数だと思います。

そのため、「保険会社から提示された保険金額が、脊椎損傷の保険金の相場なんだ。」とか、「等級認定を受けたけど、この等級が妥当なんだろうな。」と、思い込んでしまいがちです。

 

交通事故での保険金の金額や等級認定に対しての知識がないゆえに起こってしまうのですが、「保険会社からの提示された保険金額が正しいのか?」「等級認定の等級は妥当なものなのか?」といった疑問を聞ける人や相談先がないと言うのが普通で、ほとんどの人がそのまま受け入れてしまっているのが現状です。

 

保険会社との示談の際は誰かに相談する方が得策であると先にも記載しましたが、どうしても示談の席に同席してもらえない、すぐに相談できないと言ったケースでは、どんなによさそうと思った示談内容であったり、保険会社の担当者が示談をせかしたりしたとしても、その場ではサインや押印をせずに、示談書をいったん預かって後日返事すると返答しましょう。

 

示談書は保険金額や支払時期に目が行きがちですが、そのほかの細かい条件が多数書いてあるのが通例です。

しかも、法律用語であったり、分かりにくい表現で書いてあったりすることも多々あり、知らず知らずの間に患者様が不利な条件での示談内容となっていることがあります。

 

そのため、落ち着いて内容を熟読したり、弁護士に示談書を見せて本当に正当な内容なのか確認してもらったりすると、患者様の不利な内容の示談を事前に防ぐことが出来ます。

 

等級認定においても、認定が下り後でも不服も仕立てをすることが出来ます

しかし、「最初の症状固定日から3年以内」という時効が設けられていますので、等級認定は早めに申請をして、万が一不服申し立てするする場合でも時間に余裕がある方がベストだと言えます。

 

ご質問、疑問点など香川・高松の弁護士にお気軽にお問合せください。

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

まだ等級認定されていない方が、この後どのような事をしなければならないのか

保険会社との接し方のポイント

 

無料相談

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島