交通事故による脊髄損傷 体験談

腰椎の損傷とは

 

 

腰椎は日常生活やスポーツ等でよく動かす部位なので、損傷しやすい傾向にあります。
胸髄以上を損傷すると、胴体や下半身の感覚機能・運動機能への影響や、自律神経系に障害が出る反面、腰髄損傷では比較的軽症となります。
特に、腰髄下部以下の損傷の場合、多くは不自由ですが脚を動かすことも可能です。

 

腰椎とは

腰椎というのは、脊髄の半ばよりやや下方で、いわゆる腰の部分です。
腰髄を損傷すると、下半身の感覚がなくなったり、体が動かなくなったり、自律神経のコントロール(排尿の調節など)ができなくなります。
胸椎では損傷が起こりにくいのに比べ、第11胸椎から第2腰椎までの、胸椎から腰椎に移行する部分では非常に損傷が多くなります。
胸椎に加わった力が腰椎まで伝達され、腰椎に大きな負荷がかかることが原因と思われます。

 

腰髄を損傷すると

基本的に、腰髄損傷による上半身への影響はありませんが、下肢麻痺などの運動機能障害と知覚障害を生じます。
対麻痺といって、左右対称に現れることが特徴です。
腰髄損傷では、思い通りに動かせなくなる運動麻痺と、触った感覚や痛みを感じないという知覚障害が同時に起こります。
さらに、膀胱麻痺による排尿障害が起こり、ここから種々の合併症が出ることもあります。
さらに、内臓の機能も低下することがあります。

 

運動機能障害

腰髄損傷では、損傷や麻痺の程度によって、運動機能障害の程度が幅広く、次のように様々なケースがあります。

■杖なしで歩行可能なケース
■杖・装具が必要なケース
■車いすが必要なケース     など

第3腰椎以下の場合、股関節や膝の運動機能が残るため、装具や杖を使って歩行することが可能です。
膝以下の装具(短下肢装具)で済む場合もあります。

対麻痺の松葉杖歩行は、骨折などで一時的に松葉杖を使う場合と大きく異なります。
骨折の場合の松葉杖歩行では、健全な下肢と胴体で体を支えることができますが、対麻痺では、上肢だけで身体を支えなければいけません。

歩行訓練が必要な場合もあるため、生活上の必要と、患者の状態を考え合わせて、歩行か車椅子かを決定しましょう。

 

腰椎の脊髄損傷のリハビリ

 

腰椎の脊髄損傷の場合、下肢に麻痺の症状が出るため、リハビリも股関節やひざ・足首の屈折を中心としたものになります。
筋肉は動かさなければ衰えていく一方になりますので、麻痺の程度が軽く起立姿勢が取れる場合でも、日常的に歩行訓練を行わなければ、立っていることすら困難となってしまいます。

そのため、リハビリテーション病院に入院中の方はもとより、在宅治療中であっても週に1・2度通院してリハビリの治療を受けている方が多いです。
この場合、医師や理学療法士の方がついてしてもらえるため、適切なリハビリを受けることが出来るのですが、自宅介護で自宅でリハビリを行っている場合、リハビリの運動量が足りなかったり、誤ったリハビリ方法を行っていたりすることがあります。
理学療法士の在宅訪問のリハビリを利用したり、介護者がリハビリの講習を受けることにより、リハビリの質を上げることが出来ますので、ぜひとも利用しましょう。

 

腰回りの筋肉の重要性

下肢の麻痺であるとどうしても、足のリハビリが中心となり、「足の筋肉を落とさないようにしないと」と、考えることがあるのですが、そのためについ見過ごされがちになる部位があります。
それは腰椎周りの筋肉で、腰の筋肉のリハビリをあまりしていない方が見られます。

杖や松葉づえを利用して歩行する場合でも、腰に力がないと体幹がしっかりせず安定しないため、歩行しづらくなります。
また、車いすや寝たきりであったとしても、体を起こした際に上半身の自重を支えられず、身体がずり落ちたり横へと倒れたりします。
そのため、足のリハビリと並行して腰回りの筋肉のリハビリも行うと、相乗効果があります。

悩んでないでまずは香川・高松の弁護士にご相談ください。

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

診断はどのように行われるのか?

どんな後遺症をもたらすのか?

患者様の介護の方法

 

無料相談

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島