軽いケガだと思っていましたが脊髄損傷を発症していたと後から知りました

脊髄損傷になったらすぐわかるかというとそうではないのが問題なんです。

僕は、バイクで走行中に山道のカーブでセンターラインを越えて走ってきた車と衝突して大けがをしました。

救急病院では、手足の骨折と打撲という診断を受けて1週間入院しました。

事故直後と退院までに数回頭レントゲンやCTを撮りましたが、特に異常は認められないということで、僕としては一番心配なのは骨折が元通りに治るかどうかということでした。

元気になったらまたバイクに乗りたいと思っていましたからね。

 

ところが、退院して1カ月後に、なんだか手の指がしびれるような感覚に陥りました。

朝起きて歯磨きする時に歯ブラシを落としたり、茶碗をしっかり持てずに落として茶碗を割ったり。

これはおかしいと思い、今度は自宅近くの病院で診察を受けました。

すると「交通事故の際に脊椎を傷めて脊髄損傷を発症している可能性があります。

正確な診断をするにはMRIの設備がある病院を受診する必要があるのでうちでは対応できません。

紹介状を書くので○○病院で精密検査を受けることをお勧めします」と言われました。

 

僕は会社員なので、仕事の合間に通院をするだけでも同僚に気を使いますが、遠くの大病院で検査を受けるということで精神的にもずいぶん負担を感じました。

 

診断の結果、僕は交通事故が原因で軽度の脊髄損傷を発症しており、それが原因で手の指にしびれが生じるようになったそうです。

その後は、事故の加害者に香川・高松の弁護士を通じて話し合いを求め、損害賠償について争っている最中です。

加害者は、僕がはじめは骨折と診断されていたのに後から後遺障害があると訴えたことに不信感を持っており、僕が話し合いをしてもダメだと思い、すべて弁護士に任せています。

交通事故で打撲傷を負ったら、はじめから脊髄損傷などの重い障害を発症する可能性があるということを想定して加害者と対応するべきですね。

ともかく、交通事故でケガをしたら特に自覚症状がなくても軽く考えたら駄目、しっかり検査をしてもらうべきだというのが僕が失敗から学んだことです。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島