交通事故による脊髄損傷 体験談

脊髄損傷とは

 

 

交通事故などによって背骨に外力が加わると、背骨に保護されている脊髄が損傷し、手足の麻痺などの重大な障害を負うことがあります。
脊髄損傷と聞くと、ほとんどの方は下半身不随や車椅子での生活を強いられるというイメージを持つのではないでしょうか。


日本における脊髄損傷疫学調査によると、1年間に人口100万人あたりおよそ40人の新たな脊髄損傷者が発生しているとされています。
受傷原因としては、交通事故が最も多く、全体の44%程を占めています。


今回は脊髄損傷とはどのようなものであるか順を追って説明していきます。

 

脊髄とは

そもそも脊髄とは何なのでしょうか。
脊髄とは、脳から背骨の中を通って伸びている太い神経の束のようなものです。
脊髄は脳からの命令を身体に伝えたり、痛覚や触覚などの情報を脳に伝えたりする重要な役割があります。
そして、脊髄自体は非常に柔らかいものなので、背骨によって守られています。


しかし、交通事故などによって外部からの強い衝撃を受けたとき、背骨が折れたり脱臼したりすると中の脊髄にもダメージを受けます。
背骨自体は骨なので、適切な処置を加えることによって元に戻ります。
ところが、脊髄は脳と同じ中枢神経なので、一度傷つくと二度と再生しないと言われています。

 

脊髄が損傷すると

脊髄を損傷すると、その障害した部位以下に運動機能、感覚機能、自律神経系、排泄機能など様々な障害が生じます。
ですので、一般に損傷した部位が上になる程、障害が重くなると言われています。


また、脊髄が完全に断裂している場合は、その部位以下の身体の機能は完全に麻痺してしまいます。


一方で、脊髄の断裂が不完全な場合(脊髄神経が部分的に傷ついた状態である場合)、一部の機能が残る不完全麻痺となります。
このように障害の程度は、損傷部位や損傷の程度によって異なります。

 

脊髄損傷の原因

脊髄損傷の原因は様々あるのですが、一番多い原因が交通事故によるものです。
脊髄損傷の40%以上を占めており、自動車の弊害ともいえるものです。


次に多いのが、約30%の高所からの落下です。
建設現場の高所作業中に落下したり、子供がいたずらをしてベランダから落下したりといった理由のものが多いです。


3位が約13%の転倒による脊髄損傷で、多くが高齢者が占めています。
「転んだくらいで…。」と思われることが多いのですが、高齢になると骨粗鬆症などで骨がもろくなっていたり、とっさに受け身が取れずに地面激突してしまうため、骨髄損傷となってしまうことがあります。


周りや本人自身も大したことないと考えていて、「最近、足がしびれる。」と病院で検査を受けた結果骨髄損傷であることが分かったというケースもあります。


4位・5位が打撲・下敷き・スポーツによるもので、ラグビーやアメリカンフットボールなど激しい体当たりやスクラムによるものや、スキーで滑走中の転倒などが原因で、年齢の若い30歳以下の患者が大多数を占めています。

 

脊髄損傷の治療

脊髄損傷の治療では、大きな外傷や臓器損傷がある場合にはそちらの治療が優先されますが、出来る限り早期にリハビリをする治療方法がとられます。
骨髄損傷では、基本的には治療と言うよりもリハビリテーションがメインとなります。


前述のとおり、脊髄は中枢神経なので一度傷つくと二度と再生しないと言われているため、早期にリハビリを行うことにより今ある機能を衰えないようにすることが中心となります。

場合によっては、残っている機能をより特化して使えるようにして、日常生活をスムーズに行えることを重点として、リハビリが行われることもあります。

 

香川・高松で起こった交通事故のご相談ならお任せください。

 

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

交通事故などで負ってしまった場合、治療することが出来るのか?

診断はどのように行われるのか?

 

無料相談

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島