賠償金額について弁護士に助言をもらいました

■脊髄損傷の後遺障害に対する高額の賠償金を提示されて和解しようかと心が動いた

バイクを運転中に、センターラインをはみ出してきた対向車と衝突してバイクから飛び出し、道路に背中を打ちつけたのが原因で脊髄損傷になりました。

自賠責保険の後遺障害等級1級の認定を受けたのですが、その後、示談が始まって保険会社から賠償金額を提示された時、それが妥当な金額か、それとも不当に安いのか、まったく判断できないことに気が付きました。

もし、保険会社が慰謝料を低めに計算しているなら指摘したいのですが、そもそも、何を根拠にどうやって計算したのか、私には知識がないので反論のしようがありません。

 

保険会社が提示した賠償金は、総額で8000万円でした。

年収300万円の私にとって、夢のような大金です。

お金に汚い人間だと思われたくないし、1日でも早くお金を振り込んでほしいから、これ以上示談に時間をかけずに和解した方が良いのではないだろうか・・

賠償金が書かれた書類を前に、夜な夜な考え込みました。

 

■後遺障害1級の賠償金について専門家の意見が知りたい

和解しようと思えば、保険会社に1本電話を入れて、示談に応じると言えば良いのですからいつでもできます。

でも、その前に、念のために、弁護士に保険会社が置いていった計算書を見せて、賠償金について意見を聞きたいと思いました。

交通事故に詳しい弁護士なら、脊髄損傷に対する賠償金額はいくらが妥当なのか、これまでの経験に基づいてアドバイスしてくれるのではという期待がありました。

もし、8000万円という金額が相場並みだとわかれば、安心して和解できます。

 

弁護士の意見は、保険会社の計算は安過ぎる、これまでの判例に基づけば、逸失利益や後遺障害に対する慰謝料はもっと高額だとのこと、ただし、賠償金額を争う場合は、裁判になる可能性があるという説明も受けました。

 

金額が数千万円違ってくるなら、裁判をしてでも受取りたいに決まっています。

はじめに、8000万円という賠償金額を聞いて、その金額の大きさに圧倒されてもう少しで和解に応じるところでしたが、早まったことをする前に弁護士の助言を受けて助かりました。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島