保険会社の事前認定を断り自分で後遺障害等級申請をしました

■歩行中に暴走してきた乗用車にはねられて脊髄損傷に

病院のベッドで意識を回復すると、医師から脊髄損傷という病名を告げられ、脊髄は一度傷が付くと現代医学を持ってももと通りに回復することがむずかしいと説明を受けて絶望のどん底に落ちました。

しかし、いつまで嘆いていても始まらないので、交通事故の加害者と話し合って十分な損害賠償金を受け取り、不自由な体でも暮らしやすい家に改造して家族の協力のもと生活していこうと気持ちを切り替えました。

 

せっかく前向きになった私の気持ちに水を差したのが、加害者が加入していた自動車保険の担当者です。

保険会社と加害者の代わりに賠償金について話し合いをすることになるのですが、まず、脊髄損傷が後遺障害として認定されなければ賠償金額が算定できないと言われました。

 

■保険会社の事前認定を断る

後遺障害をどのように認定してもらうか、当方にはまったく知識がありませんが、保険会社が、後遺障害等級認定の申請を代行する事前認定を提案してきました。

はじめは、保険会社に申請手続きを任せれば手間が省けると考えたのですが、そもそも私と利害が相反する保険会社が心から私のためを思って手続きを代行するか疑問に思えました。

 

悩んだ結果、私は、交通事故で脊髄損傷を発症した被害者からの相談を多く受けているという弁護士を見つけて、その先生に示談の代理人になってもらうことにしました。

弁護士と相談して、後遺障害等級認定の申請は、保険会社に任せずに自分たちで行い、希望していた通りの後遺障害等級が認められました。

 

今後も、保険会社と賠償金の話し合いが続きますが、弁護士という強い味方を得たので、納得のいく結果が得られるまで、先生と二人三脚で戦っていきたいと思います。

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島