まだ等級認定されていない方へ

事故後しばらく経ち症状の変化があまり見られなくなると、ぼんやりとご自身の怪我の状況が理解できるようになり、これから先も続く毎月の治療費などが大まかではありますが想像できるようになるかと思います。
そんな将来の経済的な不安が膨らんできた頃、保険会社はその不安を見越したように賠償金についての話し合いが持ちかけてくるかと思います。

 

しかし、このとき今現在の不安から焦って保険会社からの示談に判を押してはいけません。等級認定をしていない時点で示談をしてしまうと、賠償金はしかるべき金額よりも大きく目減りしてしまいます。
なぜなら後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益という後遺症認定がされていなければ受け取ることができない賠償金が存在するからです。示談は一度行うと取り消すことができないので、治療に一つの大きな区切りがついて等級認定を行った後に、十分に納得してから応じるべきです。

 

そこで、正しく等級認定されることが重要になってきます。正しい等級認定を得る為には医師に患者様ご自身の症状を的確に伝える必要があります。医師の書くカルテは等級認定の際に重要視されるので、痛みや違和感などがある場合は我慢などせずに医師に伝えてカルテにその状況を記録してもらいましょう。
また、MRIやCTスキャンなどの画像所見も多く取ってもらうことも重要です。相乗効果として現在の症状を把握し易くなりますので、医師が治療しやすくもなり大変なメリットが有ります。

 

今すぐにするべき事柄はほとんどありません。漠然とした不安から今何かしなければならないのだろうかと心配になる方もいらっしゃいますが、するべきことの大部分は画像所見を多く取ってもらうなどの現在行っている治療に関係するものです。
逆に、将来の示談に向けて今から気を付けるべき事と言うのは存在します。この時点で保険会社と示談をするなどの間違った行動は絶対に避けるべきです。現在の治療に集中することは大切ですが、将来的なことについて今からゆっくりと準備するという態度が望ましいです。

 

香川・高松の当事務所はこの時点での相談は無料で行っています。保険会社への対応や、医師にご自身の症状を伝える時のポイントなど、正しい等級認定・賠償金の受け取りに向けたアドバイスなどが可能です。将来的な弁護士費用については公式ページに詳しく書いているので、先を見据えた示談をお考えであれば是非ご相談ください。

 

 

 【まだ等級認定されていない方の役に立つお話】

まだ等級認定されていない方が、きちんと賠償してもらうためには・・・

まだ等級認定されていない方が、この後どのような事をしなければならないのか

保険会社との接し方のポイント

障害等級認定の流れと問題点

 

 無料相談

ページの先頭へ

全国交通事故弁護団への電話相談について

この脊髄損傷専門サイトは,弁護士43名の全国交通事故弁護団により運営されています。

交通事故による脊髄損傷について,お悩みの方は,弁護団の担当弁護士に直接相談することもできます。

ぜひ、下記の都道府県別の地名をクリックして地方別の担当弁護士に御連絡ください。

全国交通事故弁護団の弁護士紹介ページがひらきます。

全国11拠点弁護士43名

担当地域一覧表
 
※都道府県別の地名をクリックすると地域担当の弁護士ページが開きます。

●東北  青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島

 ●北関東  茨城    栃木 群馬 

 ●南関東  埼玉   東京   神奈川    千葉(成田)  千葉(柏)

 ●北陸  富山 石川 福井

 ●東海  愛知    岐阜 静岡 三重

 ●関西  大阪 京都 兵庫 滋賀    奈良  和歌山  鳥取

 ●中国・四国    岡山    山口    香川   愛媛   徳島    高知 

 ●九州  福岡    佐賀    長崎    大分    熊本  宮崎    鹿児島